●交通事故に関するトラブルは弁護士法人ゆう法律事務所におまかせください。

交通事故問題相談室

状況別診断

状況別診断

今の状況を教えてください

  • 交通事故にあった直後

    警察へ連絡

    後々、症状が出ることもあるので、必ず人身事故に

    加害者の情報(住所、連絡先など)を確認

    ご自分の加入されている保険会社にも事故発生を報告

    目撃者がいる場合は連絡先を聞いておく

    詳しくはこちら
  • そろそろ症状固定と言われた 治療を継続するか症状固定とするかは、医師とよく相談のうえ、決めましょう。 詳しくはこちら
  • 後遺障害等級が出た

    等級が低いように感じる。又は、不服がある。

    実際の症状と診断書の内容が異なる。

    詳しくはこちら
  • 慰謝料等の金額提示 保険会社が提示する金額は、必ずしも適正な金額ではありません。 詳しくはこちら

※症状固定とは、これ以上治療を継続しても症状が改善することが期待できない状態や時期のことを言います。
症状が固定した時点で後遺障害の有無、程度を判断することになります。
後遺障害の等級は1級から14級まであり、この等級認定によって、損害賠償額も大きく変わってきます。

交通事故被害にあった直後

治療に専念すること

対応を確認しましょう

  • チェック1

    健康保険や労災保険を利用しましょう

    ・病院によっては、健康保険は交通事故には使用できない。原則自由診療といってくるところがありますが、法律上、利用できないことはありません。
    ・通院にタクシーなどを利用した場合は、領収書を残しておきましょう。

  • チェック2

    治療に専念しましょう

    弁護士に依頼すれば、交渉による精神的なストレスから解放され、治療に専念できます。
    また、適切な補償を受け続けられるよう、治療中もアドバイス致します。

  • チェック3

    金額が適正か必ず検討しましょう

    ・示談は一度してしますと、特別な事情がない限りやり直すことができません。
    ・一般的に保険会社が提示してくる示談金は、裁判で認められる賠償金(裁判基準)と比較して、かなり低い金額です。

弁護士費用が実質0円
メール相談

■ ご相談内容によっては、ご希望に沿えない場合がございます。ご了承ください。
■ 交通事故以外のご相談の場合は相談料がかかる場合があります。
  料金につきましては、お気軽にお問い合わせください。