●交通事故に関するトラブルは弁護士法人ゆう法律事務所におまかせください。

交通事故問題相談室

過失割合と過失相殺

過失割合

過失の度合いが過失割合

交通事故(特に車両同士の事故)では一方だけが悪いという事例は少なく、双方に過失があるケースが多いといえます。

事故形態別に過失割合の相場は決まっていますが、事故の状況はさまざまですので、ケースに応じて過失割合は修正されます。

保険会社から提示された過失割合は、実体に合ったものなのか疑問に思われている被害者の方も多いですが、場合によっては、相手の言い分が一方的に採用され、本来被害者である方が加害者とされるなど、被害者と加害者が逆転しているケースもあります。

被害者に不利な過失割合

過失割合を判断するためには、事故ごとにその様態(信号、車の速度、現場付近の交通状況、等々)について詳しく調査する必要があります。

弁護士に相談

過失相殺

過失相殺

過失相殺は、事故の損害を当事者に公平に分担させるためにあります。

過失割合の判断は、損害賠償金を受け取る側にも、また、逆に支払う側にも大きな影響を及ぼすため、正確な判断が必要とされます。

過失割合の判断には、前に述べたように、事故形態別に過失割合の相場(※これらは過去の裁判例をもとに作成された「基準」です。)があり、加害者(保険会社)もそれらをもとに過失割合を主張してきますが、加害者(保険会社)が主張してくる過失割合が、必ずしも正しいとは言えません!!

過失相殺

ゆえに、交通事故のプロである保険会社等に立ち向かうには、正しい知識が必要とされます。

車の修理代

過失割合比率

例えば、事故によって自分の車の修理代が100万円かかったとします。
過失割合が、損害全体を10として,被害者の過失が2,加害者の割合が8などというように決まったのであれば、全損害は100万円ですから,その100万円のうち20万円は被害者が負担すべきもの,うち80万円は加害者が負担すべきものということになります。
この被害者が負担すべき20万円は被害者の責任ということなりますから,この部分は加害者に請求できないということになります。つまり,被害者は,加害者に対して,加害者が負担すべき損害額の80万円だけ損害賠償請求が認められるということになるのです。

状況別診断
弁護士費用が実質0円
メール相談

■ ご相談内容によっては、ご希望に沿えない場合がございます。ご了承ください。
■ 交通事故以外のご相談の場合は相談料がかかる場合があります。
  料金につきましては、お気軽にお問い合わせください。