●交通事故に関するトラブルは弁護士法人ゆう法律事務所におまかせください。

交通事故問題相談室

逸失利益について

逸失利益について

交通事故に遭いさえしなければ、将来得られていたであろう経済的利益のことです。
逸失利益は等級が認定された後遺障害や死亡事故の場合に支払われます。

後遺障害の場合

後遺症による逸失利益=基礎収入×労働能力喪失率×労働能力喪失率中間利息控除係数

基礎収入について

原則として、事故前の現実収入額とするのが通常ですが、事故前の現実収入額が賃金センサスの平均賃金を下回っている場合でも、将来平均賃金程度の収入を得られると認められれば、平均賃金の算定の基礎とすることができます。

給与取得者

原則として、事故前の現実収入額とするのが普通ですが、事故前の現実収入額が賃金センサスの平均賃金を下回っている場合でも、将来平均賃金程度の収入を得られると認められれば、平均賃金の算定の基礎とすることができます。
若年労働者(事故時概ね30歳未満)の場合には、学生との均衡もあり、賃金センサスの全年齢平均賃金額を用いるのを原則とします。

会社役員

取締役報酬額をそのまま基礎収入とするのではなく、取締役報酬中の労務対価部分を認定し、その金額を基礎として損害算定をします。

事業所得者

申告所得額を現実収入として算出しますが、実収入が申告額よりも高いことを証明すれば、実収入を基礎収入とすることが認められます。

家事従事者

賃金センサスの女子労働者の全年齢平均賃金を用いて算定をします。

学生

賃金センサスの全年齢平均賃金を基礎収入とします。

無職者

労働能力及び労働意欲があり、就労の蓋然性あるものは、原則として失業前の収入を参考に算出します。失業前の収入額が賃金センサスの平均賃金を下回っている場合には、平均賃金が得られる蓋然性があれば、平均賃金を基礎収入とします。

労働能力喪失率とは

労働能力喪失率

労働能力喪失期間中の中間利息の控除

労働能力喪失期間

被が社が未就労の場合

症状固定時

死亡事故の場合

死亡事案における逸失利益とは、消極損害(得べかりし利益)の一種であり、被害者が死亡しなければその後就労可能な期間において得ることができたと認められる利益をいいます。

死亡による逸失利益=基礎収入×1-生活控除率×中間利息控除係数

基礎収入について

原則として、事故前の現実収入を基礎としますが、将来現実収入以上の収入を得られる証明があれば、その金額が基礎収入となります。
また、現実収入が賃金センサスの平均賃金を下回っていても、将来平均賃金程度の収入を得られる蓋然性があれば、平均賃金が基礎収入となります。

給与取得者

原則として、事故前の現実収入額とするのが普通ですが、事故前の現実収入額が賃金センサスの平均賃金を下回ってる場合でも、将来平均賃金程度の収入を得られると認められれば、平均賃金の算定の基礎とすることができます。
若年労働者(事故時概ね30歳未満)の場合には、学生との均衡もあり、賃金センサスの全年齢平均賃金額を用いるのを原則とします。

会社役員

取締役報酬額をそのまま基礎収入とするのではなく、取締役報酬中の労務対価部分を認定し、その金額を基礎として損害算定をします。

事業所得者

申告所得額を現実収入として算出しますが、実収入が申告額よりも高いことを証明すれば、実収入を基礎収入とすることが認められます。

家事従事者

賃金センサスの女子労働者の全年齢平均賃金を用いて算定をします。

学生

賃金センサスの全年齢平均賃金を基礎収入とします。

無職者

労働能力及び労働意欲があり、就労の蓋然性あるものは、原則として失業前の収入を参考に算出します。失業前の収入額が賃金センサスの平均賃金を下回っている場合には、平均賃金が得られる蓋然性があれば、平均賃金を基礎収入とします。

生活費控除率とは

死亡の場合の本人の生活費の控除割合は、下記の区別により収入額の30%ないし50%とします。

生活費控除

労働能力喪失期間中の中間利息の控除

労働能力喪失期間

労働喪失期間は、原則として症状固定時から67歳までの期間とされます。
67歳を超える場合には、簡易生命表の平均余命の2分の1とします。
被害者が未就労の場合の始期は、死亡時ではなく18歳又は大学卒業予定時とします。
67歳までの期間が、簡易生命表の平均余命の2分の1以下となるような場合には、平均余命の2分の1が就労可能年数となります。

但し、被害者の職種、地位、健康状態、能力等により、上記原則と異なった判断がなされる場合があります。

中間利息控除係数

中間利息控除の方式としては、ライプニッツ方式(中間利息を複利計算で算出)とホフマン方式(中間利息を単利計算で算出)があり、現在の実務の主流はライプニッツ方式です。

就労可能年数をライプニッツ係数表にあてはめて、ライプニッツ係数を算出します。

メール相談

■ ご相談内容によっては、ご希望に沿えない場合がございます。ご了承ください。
■ 交通事故以外のご相談の場合は相談料がかかる場合があります。
  料金につきましては、お気軽にお問い合わせください。