●交通事故に関するトラブルは弁護士法人ゆう法律事務所におまかせください。

交通事故問題相談室

遷延性意識障害

植物状態

意識不明のまま長期間昏睡状態である患者を、自発的に活動できないことから遷延性意識障害(植物状態)の患者ということがあります。下記の条件を全て満たす場合、遷延性意識障害にあたるとされています。

  • 自力移動が不可能
  • 自力で摂食が不可能
  • 屎尿失禁状態にある
  • 眼球はかろうじて物を追うこともあるが認識できない
  • 発声はあっても、意味ある発語は不可能
  • 「眼を開け、手を握れ」などの簡単な命令に応ずることもあるが、それ以上の意思の疎通は不可能
  • ①〜⑥の状態が3ヶ月以上続いている

遷延性意識障害の等級認定

遷延性意識障害(植物状態)の後遺障害の等級は、通常、介護を要する後遺障害等級1級が認定されます。
お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

損害賠償について

遷延性意識障害の損害賠償においては、時に保険会社からの損害賠償の提示が不当に低く、ご家族を苦しめることがあります。
「植物状態は長生きできないのだから、健常人と同じ平均寿命で、将来の介護費用を計算してはならない」といった無神経な主張がされることすらあります。
しかし、私どもが被害者を代理した事例や過去の裁判例では、事故から症状固定までに要する治療費、付添看護費、入院雑費だけでなく、特別質使用料等も認められた例があります。
また、特に重要なのは将来の介護費用に関するものです。
当事務所では、被害者及びご家族の立場に立って、被害者の損害を正当に評価するお手伝いをさせて頂いております。お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

弁護士費用が実質0円
メール相談

■ ご相談内容によっては、ご希望に沿えない場合がございます。ご了承ください。
■ 交通事故以外のご相談の場合は相談料がかかる場合があります。
  料金につきましては、お気軽にお問い合わせください。