●交通事故に関するトラブルは弁護士法人ゆう法律事務所におまかせください。

交通事故問題相談室

耳の後遺障害

耳の後遺障害

耳の後遺障害の種類

耳の後遺障害には大きく分けて、以下の3つがあります。

欠損障害 耳介の大部分を失ったことに関する後遺障害です。
(耳介の軟骨部分の2分の1以上を失った場合)
機能障害 聴力を喪失、低下したことに関する後遺障害です。
その他 耳鳴と耳漏。これらの2つはいずれも難聴を伴います。
30日以上の難聴を伴わないものは後遺障害の対象となりません。

耳の後遺障害の認定基準

欠損障害
12級4号 1耳の耳殻の大部分を欠損したもの
機能障害
4級3号 両耳の聴力を全く失ったもの
6級3号 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
6級4号 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
7級2号 両耳聴力が40cm以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
7級3号 1耳の聴力を全く失い、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
9級7号 両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
9級8号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になり、他耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
10級5号 両耳の聴力が1m以上の距離では普通の話声を解することが困難である程度になったもの
11級5号 両耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
1耳の聴力に関するもの
9級9号 1耳の聴力を全く失ったもの
10級6号 1耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
11級6号 1耳の聴力が40cm以上の距離では普通の話し声を解することができない程度になったもの
14級3号 1耳の聴力が1m以上の距離では小声を解することができない程度になったもの
耳鳴り・耳漏
12級相当 30dB以上の難聴を伴い、著しい耳鳴りを常時残すことが他覚的検査により立証可能なもの
30dB以上の難聴で、常時耳漏を残すもの
14級相当 30dB以上の難聴を伴い、常時耳鳴りを残すもの
30dB以上の難聴で、耳漏を残すもの

耳の後遺障害の等級認定のポイント

聴力障害の等級は、純音聴力検査(オージオメーター)と語音聴力検査(スピーチオージメーター)の測定結果を基礎に、両耳では6段階、片耳では4段階の等級が設定されています。

両耳の聴力障害については、障害等級表の両耳の聴力障害で認定、片耳ごとの等級による併合の扱いは行いません。通常、耳鼻科の診療は外耳・中耳・内耳炎の治療等が中心ですので、頭部外傷を原因とする聴覚神経の損傷は脳神経外科や神経内科と言えます。

したがって、耳鼻科だけを受診してもこれらの障害の発見は困難ですし、因果関係の立証も同様です。
神経耳鼻科を受診する必要があります。
お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

弁護士費用が実質0円
メール相談

■ ご相談内容によっては、ご希望に沿えない場合がございます。ご了承ください。
■ 交通事故以外のご相談の場合は相談料がかかる場合があります。
  料金につきましては、お気軽にお問い合わせください。