●交通事故に関するトラブルは弁護士法人ゆう法律事務所におまかせください。

交通事故問題相談室

3つの交通事故賠償基準

交通事故の賠償基準は3つある!?

ご相談される被害者の方は、交通事故に遭われる経験が初めての方がほとんどですので、一般にはあまり知られていませんが、交通事故の損害賠償額の算定基準には「自賠責保険基準」「任意保険基準(各保険会社が定めている自社の支払基準)」「裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)」の3種類があります。

賠償額は「自賠責保険基準」が一番低く、「裁判所基準」が一番高くなっています。

損害賠償金3つの基準

後遺障害慰謝料を例にとった賠償基準例

例えば、後遺障害の慰謝料についてだけ見てみても、それぞれの基準がどれくらい金額として違うのか、下記の表をご覧いただけましたら、どれだけ大きな金額の差があるか明確にご理解いただけると思います。
(※裁判所基準は事案の内容により変動します)

損害賠償金3つの基準

保険会社が提示する基準

示談金額は任意保険基準が殆ど

多くの方は「保険会社の人が言ってるから正しいであろう」と示談書にサインしてしまっています。

しかし、一度サインをしてしまうと、示談のやり直しはできません。交通事故で大変な思いをした上に、本来受け取れるべき賠償金額を受け取れなくなってしまいます。

まずは弁護士に相談

賠償金を増額するためには、交通事故案件に強い弁護士の介入が必要不可欠です。弁護士が介入した場合には、裁判所基準に従って適正な賠償金額を算出し、賠償金増額のための交渉を行います。

交渉によって、保険会社の提示が正当な金額に達しない場合には、裁判を起こすことになりますが、弁護士による交渉、裁判の結果、賠償金額が大幅に増加することは決して珍しいことではありません。

交通事故案件は早い段階で弁護士に相談することがとても大切です。

交通事故相談は無料
弁護士費用が実質0円
メール相談

■ ご相談内容によっては、ご希望に沿えない場合がございます。ご了承ください。
■ 交通事故以外のご相談の場合は相談料がかかる場合があります。
  料金につきましては、お気軽にお問い合わせください。