●交通事故に関するトラブルは弁護士法人ゆう法律事務所におまかせください。

交通事故問題相談室

後遺障害の認定に納得ができない方

後遺障害等級認定がされるためのポイント

整形外科の医師に真面目に通う

「忙しいから」という理由で通院回数が少ないと、症状が軽いから通院していないと判断されてしまうことがあるようです。また、整骨院等医師以外への通院が、損害賠償をする上では、何かと不利益があるので、医師への通院をお勧めします。

医師に自覚症状を正確に伝える

画像や神経検査の異常所見の結果と自覚症状が一致していることが重要になりますが、自覚症状をしっかりと医師に伝えないと、診断書などへの記載をきちんとしてもらえない可能性があります。

MRI画像を早い段階で撮影する

MRI画像で異常所見があるか否かは、後遺障害認定の上でたいへん重要です。

神経検査を実施する

ジャクソンテスト、スパーリングテスト、深部腱反射検査、筋萎縮検査といった神経検査を実施してもらうことは後遺障害認定の上で必須です。

後遺障害寝台所に正確に記載する

医師は、患者を少しでも治療して回復させることが仕事であり、後遺障害による損害賠償にはそれほど関心がない場合が多いです。そこで、後遺障害診断書の記載をお願いするときは、医師がこれらの事項の記載に注意を払うようにサポートすることが必要になってきます。

後遺障害等級認定で気を付けるポイントがたくさん 後遺障害等級認定の全面サポート

なぜ保険会社は低い示談金を提示するのか?

症状固定 障害から後遺障害の損害賠償に移行

後遺障害は、今後の労働能力の喪失がどの程度なのかという観点から1級から14級まで段階が分けられており、後遺障害の等級によって、補償される金額は変わってきます。

この等級は医師の「後遺障害診断書」によって何級に該当するのかが判断され、適正な損害賠償額を得るためには、医師から、等級認定機関に後遺症を認定してもらえるような診断書を記載してもらうかが重要となります。

実際の症状と異なる診断書

医師は、患者に症状が良くなってもらうことを目的として治療していますので、後遺症が残存してしまった場合の適切な損害賠償を得るために尽力する法律の専門家ではありません。

そのため、損害賠償額に大きな影響を及ぼす後遺症診断書について、後遺障害の等級認定を意識することなく記載する場合もあります。等級認定は1つ違うだけでも賠償額が大幅に異なります。 (詳しくはこちら)

症状をきちんと後遺障害診断書に記載してもらって初めて、正確な認定が受けられることを認識しておきましょう。そういった意味でも、医師による診断書作成前に、弁護士からアドバイスを受けた上で、後遺障害診断書を作成してもらうことを是非検討して下さい。

後遺障害診断書
メール相談

■ ご相談内容によっては、ご希望に沿えない場合がございます。ご了承ください。
■ 交通事故以外のご相談の場合は相談料がかかる場合があります。
  料金につきましては、お気軽にお問い合わせください。