●交通事故に関するトラブルは弁護士法人ゆう法律事務所におまかせください。

交通事故問題相談室

保険会社の提示額に納得ができない方

保険会社の提示額に納得がいかない!

保険会社が提示する示談金

このとき、保険会社が被害者に対して提示する示談金(保険会社基準)は、裁判で認められる賠償金(裁判基準)と比較して、かなり低い金額であることをご存知ですか?

交通事故の損害賠償額の 算定基準には「自賠責保険基準」「任意保険基準(各保険会社が定めている自社の支払基準)」「裁判所基準(裁判をしたならば認められる基準)」の3種類があり、賠償額は「裁判」>「任意保険」>「自賠責保険」の順に高くなります。
(詳しくはこちら)

保険会社は、「当社が提示できる上限の金額です」などといって示談金を提示したりしますが、それはあくまで保険会社の基準にしたがった上限の金額に過ぎず、裁判で認められる基準にしたがった賠償金の額ではありません。

裁判基準で賠償額請求

これを知らずに保険会社の提示してきた通りの金額で同意してしまうと、本来もらえるはずだった金額よりも大幅に少なくなってしまうこともあります。

弁護士に相談

なぜ保険会社は低い示談金を提示するのか?

どこの保険会社もボランティアではありません。保険会社は当然、自分の会社の利益のために行動します。保険会社は被害者への支払を抑えようとします。

しかし、交通事故の被害者は、上場企業の大手損害保険会社が、「上限の金額」と言っているのだから、そういうものなのだろうと信じて、示談書にサインしてしまうのです。

示談のサインはすぐしてはいけない 示談のやり直しはできない

そういったトラブルを避けるため、当事務所に相談ください。

経験豊富な弁護士が示談交渉

当事務所では、お客様からご依頼いただきますと、適正な賠償基準に従って、賠償額を算出いたします。その後、保険会社との間で適正な賠償金のための交渉を開始します。交渉によって、保険会社の提示が正当な金額に達しない場合には、裁判を起こすことになります。

弁護士による交渉、裁判、賠償金額の交渉をすることは決して珍しいことではありません。交通事故にあったら、弁護士にご相談ください。

示談金を弁護士が判断
メール相談

■ ご相談内容によっては、ご希望に沿えない場合がございます。ご了承ください。
■ 交通事故以外のご相談の場合は相談料がかかる場合があります。
  料金につきましては、お気軽にお問い合わせください。